FX(外国為替証拠金取引)の税金 サラリーマンが無税になる場合

FXの利益は、為替の変動による差益及びスワップポイントの両方が、雑所得として所得に合算されます。所得ですから、どちらにしても税金は必要になります。しかし、その利益の額によって税金が実質必要ないというケースもあるのです。

サラリーマンは、給与所得の他に、雑所得が20万円以上あった場合は、翌年の3月15日までに申告・納税する義務が発生します。という事は、逆に言えば20万円以下であれば申告しなくても良いのです申告が免除されれば、実質税金は発生しないということになります!!(念のため、20万円が控除されるのではありません。申告しなくても良いという事です。申告しても良いわけですから、是非税金を払いたいという方は、申告・納税することは可能です)

なお、利益は通常は決済しない限り確定しませんので、ポジションを保有したままであれば、いつまでも税金は発生しません。スワップポイント狙いで、ポジションをホールドしたままであれば、その間は無税です。決済した年に、今までの利益全てに課税されるということになります。


関連エントリー

FXで稼ぐ!不労所得の為の基礎講座!Top >  FXの基礎講座 >  FX(外国為替証拠金取引)の税金 サラリーマンが無税になる場合