くりっく365以外のFX取引は総合課税

公設取引所で行われる、くりっく365は申告分離課税で、他の所得に関係なく一律20%の税率ですが、通常のFX取引(くりっく365以外の取引)の場合は総合課税になります。総合課税とは、給与や事業所得等、他の所得と併せて税率を決める方法になります。

という事は、日本は累進課税ですから所得の多い人の税率は高く、逆に低い人の税率は低くなっていますので、その人の所得によって申告分離課税が得になるか総合課税が得になるかが変わるということになるのです。所得の低い方は、税率が20%以下になりますので、総合課税の方が有利になります。

気をつけていただきたいのは、今のところくりっく365以外のFX取引は公設取引所での取引ではないので、万一業者が破綻した場合等、保護されない可能性があります。信頼のおけるFX業者を選ぶ必要があります。

関連エントリー

FXで稼ぐ!不労所得の為の基礎講座!Top >  FXの基礎講座 >  くりっく365以外のFX取引は総合課税