RSIで相場を予測する! RSIの注意点

RSIはオシレーターの一種で、買われすぎや売られすぎ、言い方を帰らば、過熱した相場か、それとも冷えている相場を判断する指標ということになります。30%以下なら売られすぎ、70%以上なら買われすぎというふうに判断します。
 
 しかし、このRSIという指標は、前何日間かの値動きで判断します。となると、トレンドが形成されているとき、(上昇し続ける局面又は下降し続ける局面)では、70%を超えたラインに張り付くことになります。
 だからといって、トレンドの局面であれば、RSIが70%以上だからといって、売るわけにはいきませんよね。FX(外国為替)相場は、トレンドが形成されやすいので、このような事は起こりやすいと考えなければいけません。

 結局、数日間の価格をいじっているだけですから、RSIの数値だけを見て判断するのは危険です。

関連エントリー

FXで稼ぐ!不労所得の為の基礎講座!Top >  FXの値動きを読む >  RSIで相場を予測する! RSIの注意点