RSIで相場を予測する!MACD複合の注意点

RSIMACDを利用してFX(外国為替)相場の値動きを読む場合、まず、RSIが30%以下又は70%以上(このパーセントを20%や80%にしても良い)になったときにポジションを取る体勢に入ります。そして、その後MACDがゴールデンクロス又はデッドクロスした場合に、ポジションを取るというように、値動きを読みます。
ただし、FX外国為替)相場はトレンドが形成されやすいといっても、単なる押し目である可能性も高いのです。RSIが30%以下、その後反転、MACDもゴールデンクロスとなった場合であっても、すぐに反転し下落し続けることはよくある話です。

 かならず、FX外国為替相場の全体的なトレンドをよみ、上昇しやすい相場か、それとも、すぐ上にレジスタンス(抵抗線)又は、すぐ下にサポート(支持線)があり、すぐに反転しそうではないかを見きわめたうえでポジションを取ってください。機械的に、その一点だけを見て取引するのは、非常に危険です。!!

関連エントリー

FXで稼ぐ!不労所得の為の基礎講座!Top >  FXの値動きを読む >  RSIで相場を予測する!MACD複合の注意点