FXをMACD(マックディー)で読む!CMACDの注意点

FX外国為替)相場をMACDマックディー)で予測する際の注意点です。MACD(マックディー)の算出方法は、指数平滑移動平均を利用する大変複雑な数式によりますが、その使用方法は大変簡単です。移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロスと同様、一方のラインがもう一方のラインを突き抜けた時が売り又は買いのサインというものです。
しかし、ここで注意点があります。それは、MACDマックディー)は「反応が遅い」ということです。例えば、上昇トレンドに乗ろうという場合、トレンドの転換点から離れた時点、要するにある程度上昇してしまってからサインが出るという事になります。利幅が薄くなってしまうわけです。
しかし、FX(外国為替)相場は、トレンドが持続する傾向があります。レバレッジの効いているFX取引では、やはりトレンドが確定してからポジションを作る順張りに徹する必要があります。ですから、反応が遅いという点は、FXに関して言えば問題ないと思います。ただし、MACDや、オシレーターだけでの判断は厳禁です。

関連エントリー

FXで稼ぐ!不労所得の為の基礎講座!Top >  FXの値動きを読む >  FXをMACD(マックディー)で読む!CMACDの注意点