FXをMACD(マックディー)で読む!BMACDの使い方

FX(外国為替)をMACDマックディー)で読む方法です。MACDを形成する二つのグラフであるMACDとシグナルの算出方法については前回に解説いたしました。指数平滑移動平均線を利用する大変複雑な式を利用して出来上がるのです。複雑な算式ではありますが、このMACDを使ってFX(外国為替)の値動きを予測する方法は非常に簡単です。
長期・短期二つの移動平均線を利用して予測する方法を思い出してください。これはFXでも株でも共通ですが、短期の移動平均線を長期の移動平均線が突き抜けたらゴールデンクロスで上昇のサイン、逆はデッドクロスで下落のサインというものです。
MACDマックディー)もこれと全く一緒で、遅く動くMACDが、早く動くシグナルを下から上に突き抜けたら買い、逆に、上から下に突き抜けたら売りのサインというように予測します。

関連エントリー

FXで稼ぐ!不労所得の為の基礎講座!Top >  FXの値動きを読む >  FXをMACD(マックディー)で読む!BMACDの使い方