FX(外国為替)をMACDで読む@

FX(外国為替)の値動きを読むための指標として移動平均線があります。しかし、他にも様々なしひょうがあります。これらを組み合わせることで、FXの値動きを読むにあたり、大変よいサポートとなります。
まずはMACDです。

MACD(マックディー)は最近人気の高い指標で、多くの方が利用しています。MACDとは、長期・短期二つの指数平滑移動平均線(EMA)の差をMACD、そして、その算出したMACDの移動平均線をシグナルと呼び、この二つの平均線の動きで値動きを予測するものです。

関連エントリー

FXで稼ぐ!不労所得の為の基礎講座!Top >  FXの値動きを読む >  FX(外国為替)をMACDで読む@