スローストキャスティクスで予測する ストキャスの算出

FX外国為替)、株など、相場の過熱感、すなわち売られすぎや買われすぎの状態を判断するオシレーターの一つ、スローストキャスティクスの算出方法を解説します。
スローストキャスティクスは二本のグラフによって形成されています。二つの線は%Dと%Kと呼ばれる線です。それぞれ、A直近の終値、B過去n日の最高値、C過去n日の最安値 の数値で求めます。

%K・・・(A-C)÷(B-C) × 100 %
%D・・・(A-C)のn日間の合計÷(B-C)のn日間の合計 × 100 %
SD・・・%Dのn日間の移動平均線

価格が上昇すれば100%に近づき、下落すれば0%に近づきます。%Kが早く動き、SDが緩やかに動きます。この二つのグラフの関係で、売り時・買い時を予測します。

関連エントリー

FXで稼ぐ!不労所得の為の基礎講座!Top >  FXの値動きを読む >  スローストキャスティクスで予測する ストキャスの算出