スローストキャスティクス(ストキャス)で予測する

FX外国為替)相場をオシレーターの一つスローストキャスティクスを利用して分析する方法です。
オシレーターとは、売られすぎの状態、買われすぎの状態を判別するもので、一定の期間において、現在の価格がどの位置にいるのかを測定するものです。考え方としては、一定期間内での最高値が100%、最低値が0%であり、現時点での価格が、何%の位置にあるのかを示す事になります。単位は%です。最高値、100%に近づけば、買われすぎなので下落する可能性が高く、0%に近づけば売られすぎなので、上昇する可能性が高いというように予測するのです。FX外国為替)においては、MACDと並んで良く利用されているようです。

関連エントリー

FXで稼ぐ!不労所得の為の基礎講座!Top >  FXの値動きを読む >  スローストキャスティクス(ストキャス)で予測する