FX重要項目!!グランビルの法則と移動平均線

FX外国為替)相場をよむにあたり、グランビルの法則は非常に重要であることは、これまでに解説いたしました。移動平均線と価格の関係によりFX外国為替)相場の動きをよそくするわけです。では、移動平均線は何日のものを使えばよいのかが問題となってきます。日といいますか単位といったほうがよいかもしれませんね。日足ならば○日、1時間足ならば○時間足 ということになるわけです。

株取引では、よく13日線、26日線がつかわれますね。FXでも13日・26日がつかわれているケースもあるかもしれません。また長期では75日線なども使われます。

グランビルの法則では、一つの移動平均線を使用します。もっともトレンドをつかみやすい長さを選択するわけです。
これは、人それぞれシックリくるものを選ぶとしかいえません。ちなみに、私は20日線を使用しています。理由は特にありません。いろいろ試した結果、20日線がもっともトレンドを反映したからです。FX外国為替)には20日があっていると私は判断しました。
参考にしてください。

関連エントリー

FXで稼ぐ!不労所得の為の基礎講座!Top >  FXの値動きを読む >  FX重要項目!!グランビルの法則と移動平均線