FX(外国為替)相場をグランビルの法則で予測!下落のサイン!C

FX(外国為替)相場をグランビルの法則で予測!の下落のサイン、いよいよ4つ目の法則を解説します。
C移動平均線が下降している時に、価格が移動平均線を上回った場合。

これは、移動平均線が下降しており、まだダウントレンドが継続している時に移動平均線を上回っても、それは相場が強いと言う事ではなく一時的な調整であり、戻る確立が高いという事ではないかと思います。

基本的に、上昇と下落のサインは、全て相対する関係になるので、覚えやすいのではないでしょうか。ちなみに、私がもっとも注目するのが、下落の場合であれば、移動平均線が上昇から下降に展示、さらに価格が移動平均線を上から下に突き抜けたときです。これは、一時的な調整ではなくトレンドの転換を見極めるものです。FX外国為替)相場は、トレンドが形成されやすいのが特徴です。一度勢いが付くと長続きするのです。FX投資を中長期で考えている方には、このサインは重宝します!!

関連エントリー

FXで稼ぐ!不労所得の為の基礎講座!Top >  FXの値動きを読む >  FX(外国為替)相場をグランビルの法則で予測!下落のサイン!C