FXは円安に反発!調整か?それとも反発か?調整か?・・・・・

FX外国為替)は、対円でロングしている方(米ドル買いやユーロ買い等の事です)にとってちょっと一息つける円安の展開となったようです。日経平均も反発しました。どちらも利益確定・調整の動きかとおもわれます。ただ、この全ての通貨に共通とも言える円安の動きは、トレンドの転換と言いますか、マーケットが判断した値動きであると決めるものではないと思っています(短期的にという事ですよ)。ようするに、自然な動きかどうか判断しにくい動き、いわゆる「押し目」の可能性も考えなければならないと言う事を念頭に置かなければならないと思います。

しかしながら、依然として大きく開いている各国との金利差・オセアニアや欧州の金利上昇期待などを考えれば、今後キャリートレードが進み、円が売られる動きとなっていくことは十分考えられるのではないでしょうか。(これは長期的にですよ!!)

FX外国為替)は株取引と異なり、一定の値幅を行ったり来たりします。高いレバレッジで「これがFXの醍醐味だぜ~」という方は別ですが、堅実に資産を増やす事を考えている方は、今後の日本の金利が大きく上昇する可能性があるのかないのか?そして、今後の日本財政はどうなっていくのかを考えていけば良いのではないでしょうか?

関連エントリー

FXで稼ぐ!不労所得の為の基礎講座!Top >  ファンダメンタルを読む!! >  FXは円安に反発!調整か?それとも反発か?調整か?・・・・・