FX(外国為替)投資でナンピンは禁物!逆張りはダメです!!

FX(外国為替証拠金取引)でナンピンを入れてはいけないといわれています。特に逆張りによるナンピンは非常に危険です。さて、ナンピン(逆張りのナンピン)とはどのような行為かというと、次のような買い方(売り方)です。ここでは、分かりやすくロング(買い方)という事で説明します。。

「110円で買ったドルが100円になってしまった・・・。いくらなんでももう下がらないだろう、ここで100円でもう1枚購入して平均を105円にしておけば、たった5円ちょっと上昇するだけで利益がでる!!」

という買い方をいいます。逆張りは、ただでさえ危険な取引方法です。初心者は特に逆張りをおこなってはいけないと言われています。レバレッジの効いたFX外国為替証拠金取引)では、博打と言いますか、大博打といても良い行為であるということを忘れないで下さい。

さらに、ナンピンということは、既に損失を抱えているわけですから、ここにさらに買いをいれるという事は、予測がはずれて下落した場合、損失は加速度的に増えていくことになります。しかもFXはレバレッジが効いているのです。となれば、悲惨な結果が待っている事は言うまでもありません。相場は思い描いたとおりに動いていかない事は、皆さん良く知っている事ですよね。

関連エントリー

FXで稼ぐ!不労所得の為の基礎講座!Top >  FXで勝つ為に >  FX(外国為替)投資でナンピンは禁物!逆張りはダメです!!