FX(外国為替)投資でナンピンは禁物!!

FX外国為替証拠金取引)で、「ナンピン」をしてはいけません。株取引などでは良く行われていますが、FXでは気をつけなければなりません。

ナンピンとは、例えばロング(買い)の場合であれば、買値よりも下落したときに、さらに買いを入れる行為の事です。例えば、120円で1ドルを買ったとします。それが、意に反してドンドン下落し、110円になったと仮定します。この段階でさらに買いを入れる事をナンピンと言うのです。

この効果は、買値平均が下がると言う事です。このままでは、一旦110円まで下がったドルが120円まで上昇しないと元に戻りません。しかし110円で買いをいれれば、平均買値は115円ですから、115円まで上昇すれば損はなくなります。ナンピンを入れる事で、買値平均を下げるとはこのような意味です。

さて、このナンピンで絶対にやってはいけない事、それは、「逆張りでのナンピン入れ」なのです。これは、FXでは大きな損失の可能性が高いのです。

関連エントリー

FXで稼ぐ!不労所得の為の基礎講座!Top >  FXで勝つ為に >  FX(外国為替)投資でナンピンは禁物!!