グランビルの法則でFX相場を予測!E移動平均線の上と下の意味は。

FX外国為替)相場の動きをグランビルの法則を利用して予測する方法の、「上昇前のサイン」3つ目です。(買いのタイミングを知らせるサインという事です)

B上昇している移動平均線の上でロウソク足が上昇を続け、一旦下落して移動平均線まで戻ったが、移動平均線に跳ね返されるように、また上昇に転じたとき。

これも、FX相場を読む際、非常に重要です。移動平均線が上昇しているので、基本的にはアップトレンドと言えます。そして下落。しかし、移動平均線に守られて上昇したという事は、まだまだFX相場は強いという判断ができるのです。
さて、このように、ある一定の価格で下落がストップし、反転していくラインを「支持線」「サポートライン」と言います。

関連エントリー

FXで稼ぐ!不労所得の為の基礎講座!Top >  FXの値動きを読む >  グランビルの法則でFX相場を予測!E移動平均線の上と下の意味は。