グランビルの法則でFX相場を予測!!A

FX(外国為替)相場の未来の値動きを一本の移動平均線とロウソク足で予測する「グランビルの法則」の、上昇前のサインを解説します。

 米ドル/円ならば、「これから円安に動く可能性が高いですよ〜」という動きという事になりますので、ロング(買い)のチャンスという事になります。

 上昇前のサインには4つのパターンがあります。

@下降している移動平均線をロウソク足が大幅に下回ったとき→

 下降しているのに買い時というのは、すこし違和感があるかもしれませんが、価格は平均値に近づこうとするクセがあります。あまりにも平均線からかけ離れた場合、元に戻ろうとする力が働きます。その戻りを狙うと言う事になります。

関連エントリー

FXで稼ぐ!不労所得の為の基礎講座!Top >  FXの値動きを読む >  グランビルの法則でFX相場を予測!!A