チャート分析(陽線と陰線)B

  さて、名称ですが、真ん中の太い部分が本体、そして、上下の細い線をヒゲと呼びます。
 
 見方ですが、陽線でありば、本体の一番下のが始値、一番上が終値、ヒゲの一番上が最高値、ヒゲの一番下が最安値です。

 陰線の場合は、ヒゲの最高値、最安値は一緒ですが、始値と終値が陽線と逆になります。
 
 次の回で、具体的な数字を出して説明します。


--------

関連エントリー

FXで稼ぐ!不労所得の為の基礎講座!Top >  FXの基礎講座 >  チャート分析(陽線と陰線)B