16, 自働注文(IFD)

前回からの続きです。順番にご説明します。

●IFD注文(イフダン注文)

 「○○円で買い、その後○○円になったら売り」という注文方法です。○○円は指値でも逆指値でもOKです。

---例えば---

・今現在米ドルが110円→もし、109円まで下がったら買い(指値)
その後111円 になったら売り(指値)

・今現在米ドルが110円→もし、110円まで上がったら買い(逆指値)
その後109円まで下がったら損失確定の売り(逆指値)

・今現在米ドルが110円→もり109円まで下がったら買い(指値)
その後109円まで下がったら損失確定の売り(逆指値)

                                     etc

というような形になります。指値、逆指値の組み合わせは、自由です!

関連エントリー

FXで稼ぐ!不労所得の為の基礎講座!Top >  FXの基礎講座 >  16, 自働注文(IFD)